無料相談できる意味

Posted on 2018.2.14 By

電卓交通事故の相談費用を考えてみると、報酬と実費ということで分けることができます。報酬とは、弁護士の利益になる部分でもあり、相談料も含まれるところがポイントです。実費はその名の通り、交通費や通信費、訴訟費用といったことを請求されると考えるとわかりやすいでしょう

相談料ということでは、以前は弁護士報酬規定というものが存在しており、30分単位で請求されました。現在では、これが廃止されており、自由に設定できるようになったところが大きな違いです。そのため、一般的な交通事故案件を扱っているところでは、相談料を設定せず、無料にしているところが増えました。すべてのところが無料になっているわけではありませんが、ホームページなどを見れば、すぐにわかるようになっています。

無料にできる理由は、報酬規程が廃止されたというだけではなく、集客を考えるようになったことも大きな理由です。待っていてもお客様が増えないことに気が付いたからこそ、サービスの充実を図った部分があります。お客様のほうを向き、サービスを展開してきているということでは、交通事故に関する慰謝料請求で、だれにでも利用しやすいところになっているといえるでしょう。

未分類